読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zizo_on_web

音楽

rolling50blues#6 僕にとってのPUNKはUKだった

 Rock is dead.

ジョニーロットンが言い放ったこの言葉が象徴的だった。パンクはまさに革命だった。シーンとしても、俺にしても。
ただ、US(NY)パンクにのめり込むことはなく、ほぼUKだった。
確かにラモーンズなんかはひたすら愚直にパンクだったが、音楽的に合わなかった。
決定的なのは、自分の中で、USの音楽はつまらない、というイメージが醸成されていたことだ。
最近は触れる情報が少ない分、ムーブメントよりも音楽そのものの好き嫌いが全ての評価基準なので、USもへったくれもなくなったわけだが。
少し遅れた日本はというと、アナーキーフリクションS-KENなどなどエアチェックしていたが、レコード買うことはなかったなぁ。ただ、町田町蔵INUはジャケットも「メシ喰うな」もカッコよくて、欲しかったが、後回しにして、いまだに持ってない。まさか町蔵が芥川賞作家になるとは。とはいえ、平和ボケした中産階級の日本では、ファッション的要素も強い部分もあり、PUNKがムーブメントになることはなかった。
てなわけで、続く。

 

メシ喰うな

メシ喰うな