読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zizo_on_web

音楽

rolling50blues#も モップス

ベスト版を持っており、「LOVEマシーン」はジャパニーズFUNKの名曲だと確信し、やぐっちゃんのセクシービーム♪も本物だったモー娘。とどうしようか迷ったが、迷った時は、Be wild!やっぱり、モップスに。

それにしてもロック魂てんこ盛りの「たどり着いたらいつも雨降り」が吉田拓郎の楽曲だと知った時は、正直驚いた。フォークですからね、拓郎は。で、拓郎の「たどり着いたら〜」を聞くと、「明日に向かって走れ」と感覚は近く、ロックっぽいけど、いわゆるディランのロック。ニュアンスわかっていただきたく。

モップスの「たどり着いたら〜」は、原曲がいいからこそだが、アレンジも鈴木ヒロミツの圧倒的存在感が相まって、日本のロックの代表作に仕上げた。「朝まで待てない」も、まっ黒だ。鈴木ヒロミツの黒いボーカルと、分厚いサウンドがカッコよかった。

鈴木ヒロミツは、ソロになり、夜明けの刑事などに出演しつつ、そのエンディングテーマを歌っていたが、また、これもとてつもなくいい。

もう亡くなってしまったが、俺と同郷だというのを抜きにして、もっと評価されるべきボーカリストだ。

モップス 2001 Millennium+1 BEST

モップス 2001 Millennium+1 BEST