読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zizo_on_web

音楽

rolling50blues#Z シーズン2最終回。驚きの結末。

とにかくZZトップしか浮かばず、当然アルバムは持っていない。どうしたものか迷った。

ここまでに反則気味だった#Eでも、コステロやクラプトンがあったわけだし、#Kではクラフトワークやクーラシェイカーがあった。ただ今回は本気と書いてマジでない。

前回書いたように同僚に知恵をもらった。反則だが許容範囲内との判断をした上の確信犯(ちょっと韻踏んでる感じ)。実は前回の#Yに答えが隠されている。

そう、Zep。Led Zeppelin。同僚、グッジョッ!こうなることを予想して#Lの回をリバティーンズにするほどずる賢くないことは、とりあえず言っておこうっと。

さあ、ツェッペリン。Clashの時と同様に、所有しているアルバムのレビューをば。あくまで当時のインプレッションです。

「1st」シーズン1でも書いたが、ブルース色が強くて、ちょっと馴染まなかった。

「2nd」ホラララ。カッコ良さがわかってきた。

「3rd」ツェッペリンファンの反応と同じく、何だこりゃ、って感じのアルバム。当時は移民の歌くらいしか気に入らなかった。ジャケットは凝ってたなぁ。

「フォーシンボルズ」天国への階段、ロックンロールなど、代表曲が多く、ハードロックの王者たらしめたアルバム。ジョンボーナムが、凄い。

「聖なる館」メロディメイカーとしての才能・センスが散りばめられており、個人的には、結構好きな作品。

「フィジカルグラフィティ」なんかサウンドがフワフワしており、曲調もドラマチックではない印象で、嫌いだった。あまり聴いていない。

「プレゼンス」これだけ、LPとCD両方持っている。とにかく「アキレスラストスタンド」の展開のカッコ良さたるや、Zep魂、ここに極まる。大学の先輩とカラオケで長尺気にせずたまに歌うが、堪らないっす。

「永遠の詩」ライブアルバム。長いんだよねー。

「リマスターズ」ベストアルバムなので、特になし。

「インスルージアウトドア」「Coda」は持ってません。

ということで、約5ヶ月かけてシーズン2も無事(?)終了。シーズン3は、いよいよ邦楽。完走できるか!?

Presence

Presence